• ホーム
  • 30代女性に起こりがちなセックスにおける悩みをまとめました

30代女性に起こりがちなセックスにおける悩みをまとめました

それぞれの年代によって、セックスの悩みというのは違いが出てきます。女性の場合、男性と違ってあまり友達同士でも話せないという方も多いですし、一人で抱えてしまう傾向がみられます。同じ30代の女性が感じているセックスの悩みを見てみましょう。当てはまるものがあれば、自分だけではないと安心することもできるはずです。

一般的に性欲のピークは男性は10代や20代だといわれているのと比較して、女性はそれが男性よりも遅く出てくることが多いです。そのため同じ年代の男性の恋人やパートナーの場合、仕事もちょうど忙しくなってきた頃ですし、性欲よりもほかに熱中しているものが出てくることも想定されます。ここで性欲が高まってきた30代の女性とのギャップが生じてしまいます。

女性は高まる性欲があるのに、男性は少し落ち着いてきてしまっているとなれば、自分がしたいと思った時に相手は疲れているからと断られてしまったり、誘ってくる頻度が減って欲求不満になるということが第一のセックスの悩みです。10代20代と、まだセックスに対して不安があったり経験が少なかった女性も、30代になると自信も出てきますし、性欲が増えることは多いです。これは女性ホルモンの影響もありますし、種族保存というところを見ても子供を産みたいと深層的に働いている部分もあります。この差が最終的にセックスレスにつながってしまうことも想定されます。相手の男性の性欲が強ければ問題はないのかもしれませんが、年上や同世代の男性の場合ですと、セックスレスが悩みという女性は多いです。

女性の性欲が上がっていて、色々な事をしたりしてもらいたかったりと思っていても、男性にそれを伝えるのが恥ずかしくて欲求不満を感じるケースも見られます。海外のオープンな性格の女性と異なり、それを言いづらくて思い通りにならず感じられないという方もいます。また逆に出産を終えたばかりの女性の場合は、一時的に性欲が激減してしまうことがあります。これは生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で睡眠不足になっていたり、育児のストレスがあったりでセックスをする気になれないという精神的なものです。落ち着いてくればまた復活することもありますが、その時のパートナーへの対応が難しいという体験談を上げている方も多いです。こういった悩みが30代の女性には多くあげられます。解決方法もそれぞれの夫婦やカップルで異なりますが、話し合ってみるのも大事です。