• ホーム
  • 個人輸入では気をつけましょう!ラブグラの偽物は存在する?

個人輸入では気をつけましょう!ラブグラの偽物は存在する?

心配している女性

ラブグラは不感症の悩みを持つ女性のために作られた医薬品で、有効成分シルデナフィルによって女性器周辺の血流をよくして感じやすく、濡れやすくすることが出来ます。基本的にはバイアグラのように医師から処方してもらうという選択肢はなく、インターネットによる個人輸入での入手方法となります。ここで注意しなければならないのは、偽物をつかまされないようにすることです。

現在、インターネットでは個人輸入による海外医薬品やサプリメントなど、様々なアイテムが手に入るようになっています。医師の診察を受ける必要もありませんし、日本では認可されていない成分のものも手に入ります。しかし偽物が存在しているということは注意しなければなりません。偽物の場合、具体的にどういったデメリットがあるかというと、まず第一に体調がすぐれなくなるなどの副作用が出てしまうことです。これが1番大きなデメリットといえますが、その背景には有効成分が全く含まれていない代わりにほかの成分が混ぜられている、また有効成分の含有量が非常に多い、もしくは少ないといったことがあるからです。

効果が少ないというだけでももちろんデメリットではありますが、粗悪な成分が混ぜられていたり、基準よりも大幅に多い成分が配合されていることで体調不良を起こしてしまうケースもあります。ラブブラに関しても、いくつかのサイトでは偽物と本物の比較をしているところがあり、そこでは見た目はほとんど変わらないけれど、成分の違いがあったり、よく見ると色が違ったりパッケージが違うということで、偽物をあぶりだしているものも見られます。しかし初めてラブグラを購入した方は、比較がなかなか難しいですしとりあえずピンクでこの形と思って先入観で信じて飲んでしまうことの方が多いでしょう。もちろん本来は偽物が存在すること自体が問題ですが、海外の個人輸入代行業者の場合には結構多くのところで偽物が存在するという口コミもありますので、注意が必要です。

ここで正規品を購入するためには、まず第一に信頼されているサイトを選ぶことから始めていきます。価格があまりに安すぎるというのは疑った方が良いです。安すぎるというのには、何か理由があると考えらえます。また運営されてから10年近く経っているサイトですと、信頼度はぐんと上がります。まだ開設されて1年程度ですと、注意が必要です。口コミや評判なども参考にして、相場の範囲内のところを選ぶのがオススメです。